サルでもわかる「would」の使い方【後編】〜hapa英会話

would 使い方 hapa英会話
would 使い方 hapa英会話


サルでもわかる「would」の使い方 後編です。

わかりにくい「would」を誰でもわかるようにご説明します。


復習!「would」の使い方 hapa英会話前編より

少しだけ前編を振り返っておきましょう。


▼前編はこちら


過去予定の「would」
 

<例>
He said he would buy coffee for us.
彼は私たちにコーヒーを買うと言っていた。


慣習の「would」
 

<例>
When I was a kid, my grandma would bake cookies.
小さかったとき、おばあちゃんはよくクッキーを焼いてくれた。


仮定の「would」
 

①理想の「would」

<例>
If I won the lottary, I would buy a house.
宝くじが当たったら、家を買います。


②質問の「would」

<例>
What would you recommend ?
あなただったら何をおすすめしますか?


③提案の「would」

<例>
If I were you, I would apologize.
私だったらあやまるけどね。


「would」の使い方後編!YOUTUBE「hapa英会話」で学習

YOUTUBE後編の動画です。

▼今回はこちらの動画をもとに学習します


丁寧お願いの「would」 【YOUTUBE動画 0:45〜】

would 使い方 hapa英会話

訳:〜してくれますか?

使用タイミング:何か丁寧にお願いをするとき


<例>
Would you fill out this form?
この用紙に記入してくれますか?


さらに丁寧な言い方をするときは「mind」を付けます。「mind」の後の動詞には〜ingになるので注意。

<例>
Excuse me. My wife is sitting right there. Would you mind changing seats?
すみません。私の妻があそこに座っているのですが、席を替わっていただけませんか?


おもてなしの「would」 【YOUTUBE動画 0:45〜】

would 使い方 hapa英会話

訳:〜いりますか?〜されますか?

使用タイミング:何か丁寧に物事を提供するとき


<例>
Would you like some tea?
お茶はいかがですか?


飛行機の中でスチュワーデスが言っている、

<例>
Would you like something to drink?
何か飲み物はいかがですか?

よく聞くセンテンスだと思います。


ひかえめな「would」 【YOUTUBE動画 3:16〜】

would 使い方 hapa英会話

訳:〜かなぁ

使用タイミング:ひかえめに言うとき


「彼女何歳に見えますか?」の質問に答えるとき、

<例>
I would say she‘s in her mid-twenties. Maybe 24?
20代半ばかなぁ。24ぐらい?

ネイティブスピーカーは「I would」を略してよく「I’d」とも言います。


やわらかな言い方として、「would have to say」も使われます。

<例>
Both speeches were excellent, but I would have to say Adam’s was a little bit better.
2人ともスピーチは良かったですが、アダムの方がよかったと思います。


よろこんで!の「would love to」 【YOUTUBE動画 5:14〜】

would 使い方 hapa英会話

訳:〜ぜひしたい

使用タイミング:強調して答えるとき


ここでは「would love to」を使った言い回し。

<例>
I would love to join you guys for dinner.
ぜひ一緒に食事させてください。


I would love to
よろこんで!


「would love to」の後にbutを入れることで、「〜したいのですが」になります。

お誘いを断るときによく使いそうですね。

<例>
I would love to go but I am busy tonight.
行きたいのですが、今夜は忙しいです。


謙虚な「would like to think that」 【YOUTUBE動画 7:07〜】

would 使い方 hapa英会話

訳:〜と思いたい…

使用タイミング:そうであって欲しいと言うとき


「would love like to think that」を使います。

<例>
I would like to think that I ‘m good father.
自分ではいい父親だと思いたいのですが…

<例>
I would like to think that my english is getting better.
自分の英語は良くなってると思いたいんだけどね…


おわりに

日本人にとって「would」は「will」の過去形だとしか思ってない人もいるかもしれませんが、それ以上に意味のある使い方だということがわかったんじゃないでしょうか?

英語を気にして聞いてみると、かなりの頻度で「would」を使っているいることがわかると思います。

英語を使うとき・聞くとき、積極的に「woud」に触れてみてはいかがでしょうか?

hapa英会話のJUNさんのYOUTUBE動画はわかりやすくて、オモシロイ!

またYOUTUBE動画ピックアップしていきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA